NORTHERN FARM RECRUITING INFORMATION ノーザンファーム 採用情報

生産スタッフ

村上 悠哉 2011年入社
母子とも健康にお産を終えることが最重要ミッション

競馬場で観たレースに感動

 馬に興味を持ったきっかけは、大学時代にアルバイトをしていた札幌競馬場で観た札幌記念です。強烈に感動したというか、凄く印象に残りましたね。その後、就職活動を考える時期にたまたまインターネットでノーザンファームのインターンシップ募集を見て、インターンの参加を決めました。元々身体を動かすことが好きだったので厩舎の仕事に興味がありましたし、繁殖部門なら自身の大きな体格を活かせるのでは?と前向きなイメージを持って研修に挑みました。
競走馬の牧場を訪れるのは初めてでしたが、事務所の管理体制や福利厚生面の充実、寮や食堂などの雰囲気も明るく、就職活動で他に検討していた一般企業と比べても見劣りが無いことに驚かされました。そして何よりも刺激となったのは、経験の有無に関わらず実力次第で認めてもらえる企業風土であるという話をインターンで厩舎の方に伺い、“ノーザンファームで働きたい”という想いが来場後はより一層強いものとなりました。 冬は自然が厳しいですが、生まれたばかりの仔馬に接したり、馬の体温を肌で感じることができますので、繁殖部門にインターンで来る方にはおすすめです。

無事な出産が一番の喜び

 仕事上の一番の喜びは、出産後の親子が元気にしている姿を確認できた時です。受胎した全ての馬がお産を終えるまでは気が抜けませんが、やはりほっとしますね。
離乳するまでの間の仔馬のケアには、細心の注意を払っています。仔馬の身体で何か気になった箇所があった時、対処が少しでも遅れるとすぐに悪化したり、後々まで尾を引いてしまう可能性がありますので、馬体管理には苦労します。適切にケアしていけば良くなったりして結果も出ますのでその部分は面白いですけど、なかなか難しいですね。
また私は過去に自分の慢心で仔馬に怪我をさせてしまったことがあり、「自分のせいで仔馬の一生をダメにしてしまうかも…」と落ち込んだことがありました。その出来事を教訓に、今では人馬ともに怪我をしないよう、最善を尽くすことを常に意識しています。

若手でも挑戦できる環境

 今では競走成績やセールの売上げで生産界をリードする存在になりつつありますが、慢心すること無く、より良くしていくために何が出来るかを牧場一丸となって取り組んでいることが大きな魅力だと感じています。獣医師や装蹄師を伴った勉強会などもありますので、若手でも技術や知識を高めたいという意欲があれば、学べる機会はたくさんあります。
また海外派遣研修の制度があり、私も一度アメリカへ研修に行かせてもらい、そこで得た経験を今の仕事で役立てることが出来ています。馬に関する勉強をさせてもらえる環境が充実していることはスキルアップを望む人にはとても魅力ではないでしょうか。私が所属している部門では全体で500頭を超える繁殖馬がいますが、頭数が多い分だけあらゆるサンプルに触れることができ、これもまたとても勉強になります。

業界未経験も大歓迎

 私は馬に関する経験が無かったですし、ただ競馬が好きなだけでインターンシップに参加しましたが、インターンシップ中に“牧場の仕事内容はどんなことをするのか”や“牧場経営の仕組み”を教えてもらいました。実際に来場し、自分の目で見て体験が出来るので、まずは考えるより思い切ってチャレンジして欲しいですね。その結果、「ここで仕事がしたい」と思えれば、業界未経験であるということに気後れする必要はありませんし、やっただけ評価してくれる牧場ですので、そういうチャレンジ精神を持った方を私は待っています。
競馬業界、生産牧場で働きたいと思う気持ちを持っているのなら、競馬に詳しく無くても大丈夫です。経験をしていくことで自然と競馬にも明るくなりますし、自分が携わった馬が勝つ喜びも知ることが出来ます。また未来のGⅠホースが自分の触っていた馬の中から誕生する可能性も十分にありますので、挑戦したいという強い思いがあるのなら、ディープインパクトのような強くて競馬ファンから愛されるような馬をぜひ一緒に作りましょう。

▶ 前に戻る
BACK TO TOP