NORTHERN FARM RECRUITING INFORMATION ノーザンファーム 採用情報

イヤリングスタッフ

佐野 夕斐 2015年入社(入社3年目)
人と馬の信頼関係を構築。中間育成担うイヤリング部門
佐野 夕斐

転機は急に訪れた

 私はもともと本当に動物が好きで、動物に携われる仕事なら何でも良いから就きたいなと考えていて、その夢に少しでも近づくために専門学校に進学し、ハ虫類の勉強をしていました。小さい頃から両親にノーザンホースパークや馬のいる牧場に連れて行ってもらっていたので身近な存在ではありましたが、正直馬の仕事というのがどのような仕事かわからなかったし、競馬自体に興味はなかったので就職するとは考えてもいませんでした。学生時代は友達とよくテレビで競馬観戦こそしていましたが、全然興味がなかったので特に感動することもなかったくらいで…。ところが、たまたま見たラキシスが勝ったエリザベス女王杯だけはなぜかめちゃくちゃ感動しました。私の中で牝馬というのは大人しくて可愛いみたいな、おっとりしているイメージでしたけど、女の子とは思えないくらい力強く、格好よく走っている姿を見て感動し、一目でラキシスのファンになりました。そのレースがきっかけで競馬に興味を持ちはじめて、自分も競走馬の近くで仕事をしてみたいと思い、ノーザンファームへインターンシップに行きました。

馬との信頼関係を構築

 ノーザンファームでは、離乳してきた当歳から1歳半ばまでの期間、育成厩舎に送り出すために必要な基礎体力づくりなど行うイヤリングに配属されています。馬の0歳~1歳は人間で言うとまだ小さい子供なので、やんちゃな事もしますけど、その時にちゃんと叱ってあげて、良い事をすれば褒めてあげることを意識して教えています。叱るだけでなく、ちゃんと褒めてあげると仔馬にも行動の良し悪しを認識して貰える様になるので、次第に人間との信頼関係が構築され「人は怖くない」と理解するようになっていきます。競走馬になるにあたって、馴致や調教で人が背に乗る際に怖いというイメージを持っていると馬は暴れてしまうので、馬や携わるスタッフが安全に過ごす為にも、この期間にいかに人に馴れるかどうかで今後に大きく影響する重要なポイントとなります。競馬に進んでいくには育成厩舎のスタッフ、本州の調教スタッフ、トレセンでの調教スタッフと多くの人が関わってくるので、安全に調教を行なえる様に人との信頼関係をイヤリング部門で構築していきます。
 また、クラブツアーでの馬の展示もイヤリングでは大事な仕事です。ツアーではお客様と展示馬の距離が近いので、人に馴れさせるのはもちろん、担当馬の良さを伝えなくてはならないので、普段から細かな手入れをして注意深く観察しています。お客様に直接、「この馬は良いね」という言葉をかけられたりすると嬉しいですし、やりがいを感じますね。重賞などの大きなレースに出たときには「昔はこんなに小さかったのに」とか「あんなに聞かん坊だったのに」とか我が子のように色々と思い出しますね。今では重賞だけじゃなくレースまで無事進んで出走して頑張っている姿を見るだけで嬉しくなります。

あたたかい牧場の人達

 職場の先輩達はみんな優しく、厩舎の雰囲気も良いので、3年目ですけど1回も仕事が嫌だなとか、人間関係で悩んだ事が無いので、本当に感謝しています。一人で悩んでいると気付いてくれたり、体調が悪くて無理している時も声を掛けてくれたりするので、私にとって有難く働きやすい職場ですね。まだ若手なので、指導をしてもらう中で叱咤激励は当然ありますが、感情的に怒る先輩はいないですね。逆に小さな、些細な点を見つけて褒めてくれるので、モチベーションに繋がっています。
 また、新人教育体制が整っているのはノーザンファームの良い点だと思います。経験豊富な先輩から学べる機会を教育カリキュラムとして用意してくれているので、馬の扱い・曳き方・手入れの方法など丁寧に教えてくれます。他にも新人研修の一環で、実際に競馬場観戦にも行きます。馬に触れた事も無く入社しても、一から丁寧に教えてもらえるのは良いですよね。私が新人の時はまだカリキュラムが無かったので本当に羨ましいです。
 食堂も自慢できますね。食事を作ってくれる食堂スタッフの方はフレンドリーに接してくれるし、体調が悪い時は特別にお粥を作ってくれたりもします。食堂を利用する社員が多いのに細かな対応をしてくれるのは、親元を離れて寮暮らしをするのに有難い気遣いだと思います。ちなみに、食堂や寮にWi-Fiを完備しているのは若い人にとって嬉しいですね。
 また、レクリエーション活動も盛んで、フットサルやバスケットボールなど職場に関係なく交流ができます。イヤリングでは毎年運動会を開催しているので、仕事以外で先輩達と楽しめるイベントがたくさんあります。それ以外で、ノーザンホースパークマラソンが毎年5月に開催されているので、参加することやボランティアとして携われることは、ノーザンファームならではの楽しみでもあります。他にも、セレクトセールでの打上や、忘年会、重賞勝利での祝勝会など牧場全体で盛り上がれるイベントもあるので、毎日が本当に楽しいです。

女の子でも安心な環境

 女の子だと「体力的にやっていけるだろうか」と不安になる人もいると思いますが、仕事をしながら体力も筋力もついてくるので問題ないですね。筋力だけじゃなく技術で馬を扱える様になれるので安心して下さい。
 牧場にはたくさんの良血馬がいるので、自分がお世話をしていた馬がG1で勝つ可能性もあります。ですが、私にとっては担当していた馬達すべてが、怪我なくレースに出て走っている姿を見られるだけで幸せです。馬が好き、競馬が好き、動物が好き、真面目、一生懸命、頑張り屋な方はノーザンファームで活躍できると思いますので、ぜひ一緒にお仕事がしたいですね。

▶ 前に戻る
BACK TO TOP